La vie en Freesia  
【2008年12月某日】
休止のおしらせ

しばらくECOをお休みします。
かなり唐突に思い立ったので、
ゲーム内で、お友達にお知らせできてなくて、申し訳ないです(*ノД`*)・゚・。
…というより、「休止するZE☆」なんて、
あらたまってお知らせしてまわるのが、恥ずかしくて(マテ

理由は、別ゲームに浮気中だったり、本読んでたり、DVDドラマにはまってt(ry
またある日突然何もなかったかのように、INしてたりすると思うので、
見かけたらかまっていただけると、とてもうれしいです♪

いつも遊んでくださるお友達の方々、リングの方々、
ご迷惑をおかけしてばかりですが、本当にありがとうございました。
私にとっては、みなさまがいるからこそ、のECO。
みなさまが紡いでくれる世界だからこそ、ECOが大好きでした。
ちょっとだけ旅に出て、またリフレッシュして帰ってきますね!
よりネタフルになって、みなさまに楽しんでいただくべく・・・っ

ではでは、またお会いできる日まで~っヽ(●´∀`)○´∀`)ノ♪

p.s. べ、別にきのこ狩りに疲れたわけじゃありませんよ・・・っ
  →生存報告がてらの別ゲームBLOGです☆
 
【--/--/--】
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2008/09/23】
劇団KINOKOができるまで

劇団KINOKOを作ろうという話になったのは、
今年のまだ初夏のころのことです。
きりさん(霧嘩さん)が他のオンラインゲームのお話をされていて
いろんなイベントの試みがあるんだよ?の中に、劇の話が!
ECOでもできないかなと相談しているうちに、ネタがむっくむくむく。
劇団KINOKOは群生するキノコです☆

マリオネットでかえるの王様がいるんだから、
童話「カエルの王様」もできそうじゃない・・・?なんて。

その場にいたりゅーなさんと私、きりさんで盛り上がり
劇団名は、劇団キノコだー!と決定したのでした。
それからは、脚本を考えないとな?とぐるぐる思案。

そんな折に、はなさん(花姫♪さん)から
イベントのデモ公演をしないか?というお話をいただきました。
なんという渡りに船!
お調子者キノコの常で、このときは深く考えず
つい「はーい!」と頷いちゃったのです。
てへ☆

はなさんのイベントということで、会場はシアター3。
舞台背景は変えようがなく、演出も限られてきます。
この依頼をいただいたことで生まれた制約が、
私にとっては、演劇を考える上でかなりありがたいことでした。

というのも、実際に演じることを考えずに
演劇計画を夢想するだけなら、想像はいくらでもふくらみます。
舞台を飛空庭にして、舞台装置担当の方を一人つくれば
緞帳をつかった幕間、場面場面にあった背景をつくることも可能ですし、
音楽をシーンにあわせて変更すれば、雰囲気を更に盛り上げられる…。

こだわろうと思えば、どこまでもこだわることもできるけれど
実際にそれにかかる手間、金額、メンバー集め、そして練習を考えると、
あまりに非現実的な労力が必用となるようで、
めんどくさがりの私には、あまり向いてないような(コラ

そんな事情で、お話をもちかけていただくまで、実のところ
机上の空論のまま、なかば気持ちが挫折しかけていたのです。

ところが今回のように、舞台はシアターでという制約があると
その範囲内で演じられるものを考えるだけでいいので
かなり気持ちが楽に。
ぶっちゃけていうなら、あまり本格的じゃなくても

私のせいじゃなくて、舞台のせいだもーん☆

って気分で、取り組むことができるようになったのでした。
案ずるより生むがやすしってことで、
とりあえず行動すればなんとかなるもの!
とりかかるきっかけが大事なのですYO(という言い訳
ふふふのふ。

さて、やることが決まったからには、まず脚本です。
キノコを使うことにしたのは、もちろん私がキノコフリーク☆なのも理由ですが
それ以上に、視覚的なインパクトがポイントでした。
演劇は目で見て楽しむものだと、私は思うので
登場人物の区別が、見た目でつけやすい方がよさそう。
その点で、キノコは理想的です。

マリオネットや、他の着ぐるみなども使えそうでしたが、
そこはキノコにえこひいきなのです。
劇団KINOKOだしね!

花さんから、今回の演劇大会は「童話」を題材にと
伺ったので、赤と緑、赤と緑、あかt・・・・と
いつものように、仕事中まで(!)ぐるぐるして
「泣いた赤鬼」をテーマにすることにしたのでした。

泣いた赤鬼は、幼稚園のころ初めて読んで、大泣きした記憶が忘れられない話。
というか、ことあるごとに大泣きしている幼児でした。
いまも大して変わらないので、三つ子の魂かなw

あとはデモ公演なので、できればハッピーエンドに。
ジョークは苦手ですが、それなりに笑いも取り入れたい・・・。
なんて無謀な野望を胸にいだき、
できあがったのが、今回の「緑キノコとキ赤ノコ」です。

と立派なことを書きましたが、
正直やっつけでした(

書かなきゃ、書かなきゃ?と考えると、どんどん書けなくなり
骨子は8月中にできていたものの、実際の台本は真っ白のまま。
なんというオタワ\(^o^)/
デモ公演の日程は9/20だったのに、
脚本書き上がったのは13日くらいだったとか、
終わった今だから言えるんだぜ…。
もう最後、殴り書きだったんだぜ…。

そして実際に練習が始まったのは15日(月)。
その週の金曜日にはリハーサル予定☆
ものすごいギリギリ感がただよっています。
劇団副団長(勝手に任命)のきりさんと共に
胸によぎる「もう間に合わないんじゃ?」という一言を
お互いに胸のうちに飲み込んでの、初回練習でした。

この時点での出演者は

・赤きのこ(きのこ)
・緑きのこ(きりさん)
・通行人(未定
・ナレーター(未定

うん。どうみても、もう間に合わないよね。

ポーイ☆ってしたくなったけれど、それだとはなさんに怒られるのは、必至。
進行を聞かれた時に、背中に冷や汗を感じながらも

「まかせといてくださーい!」

しらをきった思い出が脳裏をよぎります。
うふふふふふ…。
実は、ナレーターをお願いしたいなーと考えていた方がいたのですが
脚本を書いている期間中に、インしているお姿をまったくお見かけしなく…!
そこはかとなくただよう休止の気配��

劇団KINOKO公演

練習が始まっていないうちならいいのですが、
実際に取り組み始めると、進行がいないと話がすすまず急遽、
クローバーサーバーで頑張っていた時代からのフレンド
やなぎん(夜薙さん)に泣きついたのでした。

「やなぎーん、20日の夜10時頃とか、暇じゃない?」

「まだわからぬ」

「劇にでてみない?てへ☆」

「( ;゚Д゚)??」

「というか、たーーーすーけーてええええ」

というようなやり取りの末、緑のきのこぐるみ一個を
進呈するという条件(私の趣味)で出演をしてもらえることに!
やなぎん、ありがとおおお!

そして、残る役柄はエキストラっぽい「通行人」役。
台詞は少なめなのですが、月曜日の深夜に練習していて、
やはりこの役はキーパーソンだけに、いないと練習が進めにくいことが発覚。
急遽フレンドリストをオンにして、起きている人を・・・

劇に出てくれる奇特な人なんて、誰もいなそう。
…というか当たり前ですが、ほとんどのフレンドが寝てる

これはもうだめかも・・・と思いつつ
フレンドリストを下にスクロールしていると、
そこに燦然とかがやくさむさん(寒月さん)の名前がー!

さむさんのノリなら、もしかして!というノリで(!)
さっそくウィスパーで、うけとめろオレの右ストレート☆

「さむさーん、突然ですが、劇にでてみませんか」

「@@」

ネクロリザでよみがえったところに、ターンアンデッド(TU)をかけて
抹殺浄化しても決して怒らないさむさん。
というかむしろ蒸発することを望むさむさんは、やっぱりこころが広かった!
ペット育成場からわざわざ戻って来てメンバー入りしてくださったのでした。
さむさん、本当にありがとおおお!

この日から、4人で皆がそろえる深夜に、
毎日2?3時間練習を続けて、リハーサル、そして本番に挑みました。
主催者のはなさんも練習をよくのぞきにきてくださって、沢山のアドバイスを。

リハーサルです★

私の書いた、決して出来のよくない脚本でしたが、
それをみんなで相談して決めた演出、お互いに出し合ったアドバイス、
そういったもののおかげで、物語以上によい舞台に仕上げることができ
最初の筋を作った身として、なによりそのことで、
メンバーとはなさんに、感謝してもしてもしきれません。

急造のメンバーでしたが、全員が全員、舞台を真剣に考えていることが
練習期間を通じてお互いに伝わり、
正直最初は面倒くさいんじゃないかと危ぶんでいた練習が毎日楽しみになるくらい、
刺激的な時間を過ごせました。

劇の出来は、作り手の私には客観的に判断することはできませんが、
私たちにとって、この劇は最高のものだと自負しています。
それは、一緒に頑張ってきた仲間たちがいるから。

そういう意味で、ぜひいろんな方にこの演劇イベントに
参加していただけたら嬉しいなあ、と思います。
あまり大きな流れがないからこそECOの楽しみ方は、人それぞれ、多種多様ですが、
みんなで一つのことに向けて準備・練習する機会は
それこそ、イベンターの方でもない限り、なかなかないのではないでしょうか。
イベントは数あっても、多くは一人・二人で準備するものですし
こうやってグループで、長期間協力していくプレイを今回経験して、
ECOをまた新しい視点で見ることができました。
この胸がどきどきする充実感を、いろんな方が体験することを想像すると、
それでまたどきどきしてきます。

演劇イベントという大枠があるからこそ、参加しやすい時期ですし
ぜひぜひ皆様もECO内演劇にトライをっっ♪

なんて、異様に長い記事になってしまいました。
もし万が一ここまで読んでくれた方がいらしたら、感謝感激です!
ありがとうございました。

まだまだ水曜日(9/24)に再公演が控えていますが
こんな急なスケジュールにもかかわらず、それも私の無理な要請を聞いて集まり、
一緒に頑張ってくれた劇団KINOKOのみんなに、この上ない愛と感謝をこめて。

みんなでまったり休憩もしてましたw

そして、私たちの劇に目を留めてくださった方々と
この舞台を通じて、
少しでもECOの楽しさを共有できることを願ってやみません。



スポンサーサイト

テーマ:エミルクロニクルオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント
[ 夜薙 ]  


長い日記お疲れ様でしたw
結構な人数集まっておぢさんビックリだったさ^^
水曜の再公演も(なるべく失敗しないように)がんばりませう(`・ω・´)


| 2008/09/23 | URL | 編集 |

[ KIRI ]  


なんだかんだでたのしいことがいっぱいでしたね!
本番前の緊張はものすごいけど@@;
再公演もゆっくり落ち着いてやり遂げましょうb

長い日記おつかれさまですw


| 2008/09/23 | URL | 編集 |

[ ちょこ ]  


>やなぎん

読んでくれてありがと(*´∀`)
ここまでたどり着くひとは一人もいないと予想してたんだぜっ

水曜日も人きてくれるといいねえ。
がんばろおおおお♪


>きりさん

まだまだ楽しいこといっぱいですよ~ぅ♪
こんなに演劇がわくわくするなんて、思ってもみませんでした。
水曜日もガンバリましょうねーヾ(*´∀`*)ノ゛

読んでくれてありですーww


| 2008/09/24 | URL | 編集 |

[ キルディン ]  ブラボー


再公演お疲れ様でした。今回はすっぽかさずしかと拝見させて頂きましたw
序盤ややデジャヴを感じましたが(笑)、起承転結と基本に忠実にまとまっていたので非常に良かったです。
ECOのエモーションモードやアイテム使った表現も斬新で面白かったです。
とても楽しい時間をありがとうございました(*´∀`)アハハン♪


| 2008/09/24 | URL | 編集 |

[ ちょこ ]  


いらしてくださって、ありがとうございました~♪
お姿をおみかけして、嬉しかったです。

あまり細部まで凝れる根性がなかったので、これをベースにみなさまの劇に期待なのです(*´∀`)
キルさんもぜひぜひ!
演劇を発表するのもですが、みんなで練習する期間がとっても楽しいですよ~っ


| 2008/09/25 | URL | 編集 |


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ecodechocolat.blog120.fc2.com/tb.php/97-f5fd03cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。